8月1日

8月1日は、あたしにとって大切な記念日です。1995年の8月1日、生まれて初めて自分がゲイであることを第三者にカミングアウトしました。最初に背中を押してくれた、その人とは、丸12年音信不通です。どうしているのかしら?久しぶりに会いたいなぁ。会って、立派なヲネエさんに成長したこの姿を見て欲しいなぁ。
その12年後、2007年8月1日に、ソロ活動を始めたあたしの事実上のデビューシングル「マリモに触れたら阿寒湖」CD-R盤を発売しました。そのCD-R音源を数十社に送りまくった事から始まった、芸能人への道ですが、12年後には、立派な姐さんに育っているのでしょうか…?
そしてもう1つ、8月1日は、あたしを産んでくれた人の誕生日。

※写真は、1995年シンガポールで撮影…。

姓名鑑定と言霊

芸名鑑定をしてもらった時のお話…。
あれは、2005年の春でした。ある霊能者さんに診ていただいた時、文字が持つ霊力みたいな話もしてくれて、姓名は、画数の他にも言霊(ここでは、文字が持つパワーや呪文)があって、その意味をも読み解くことが必要と教えてくれました。
その1年前2004年の春に、作詞作曲家としてのペンネームを変えようと考えていて、『黄那張巧汰』と言う名前を用意していました。これは、よく夢に出てくる超古代地図の場所が、現代のコタキナバル(マレーシア・ボルネオ島)だった事から練り出した名前であります。この名前を鑑定していただいたのですが、名前の末字に『水』に関する字を使うと、財産も人の縁も何もかも全てを水に流してしまう。つまりリセットする…、と言うのです。
思い当たることがありました。この名前を使い始めた頃、1枚のシングル作品を作ったのですが、この時、一緒に音楽活動をしていた相方もペンネームを「●●○水」と変えたばかりだったのです。あたしの末尾は水関連のサンズイがつく「汰」、彼の末尾は、そのまんまの「水」で、これも運命だったのでしょうか…。お互いに字画は、素晴らしい画数だったのですが、この1枚を最後に、コンビ解消、レーベル閉鎖、活動中止と、それまでの4年の活動どころか、出会ってから喧嘩別れするまでの10年の歴史までも流されてしまった感じでした。

姓名鑑定していただいた直後、あたしは、このペンネームを水に流してしまいました。怒りや執着や疑心暗鬼な心まで、この時、一緒に流れていってくれたと思っています。名前は、画数だけではなく、文字の持つ意味を深く読み解く必要があるようです

AWABI〜自殺の唄


9月10日は、"WHO世界自殺予防デー" だそうです。
普段は、死ぬ事が怖いはずだけど、生きている方がより怖くなった時、人は、死にたくなってしまうのでしょうか?
あたしも、もう生きていたくない…、って思った事があるけれど、自らを殺す事の畏れ多さが常に勝っているので、死にたいと思うまでには至りません。時々、自殺の名所なんかを検索して、ものすごい苦痛を伴うだろうに、どうしてこんな死に場所を探しに行くのだろうって、想像を馳せています。
写真は、左から支笏湖、東尋坊、青木ヶ原樹海です…。

以前、自殺をテーマに歌を作ったことがあります。磯の鮑の片思いと言う例えから、片思いに終止符をうつために、海に身を投げた娘の遺書めいた歌詞になっていますが、実は、素潜り密猟者に採らないで下さいと、アワビが訴えている内容になっています。
期間限定でMP3ファイルで公開していましたが、9月20日をもちまして公開終了しました。



どんなに辛くても、寿命を待てる人でいることができますように、祈りを込めて…。

天空橋

4年前に作った歌に、現在のあたしが救われるだなんて、ちょっとしたドラえモンの世界っぽい感じです。
旅に出たくなる理由は、人それぞれ…。飛行機に乗って旅に出る時は、希望に満ちていたり、夢や憧れや未知の世界へのワクワク感でいっぱいだと思います。そんな、旅人の中には、おそらく辛い事情を抱えている人も混在しているはずです。そんな誰でも何度か体験しているであろう、現実逃避願望を歌にしたのが、4年半前の事です。今のあたしが、現実逃避したい訳ではありませんが、ちょっとイジけた気分に浸りたかったりして、そんな時、この歌が、イジイジ感を満たしてくれるんです。部屋を暗くしてヘッドホンで不幸な歌世界の中に5分間だけドップリ浸かってみると、なんだかストレス解消になるんですよね…。あたしなりの音楽治療です。
試してみたい人のために、期間限定でこの歌を公開します。4年前にプロデュースした羽澄つばさの歌唱による「天空橋」です。羽田空港に行く途中にある駅名ですが、実際にあるこの橋は、人しか渡れない鉄橋です。
この写真は、MP3ファイルにリンクされています。音量を調節してからクリックしてみて下さい。




天空橋(5.7MB)

あなたみたいな男をどうして好きになったの?
抱かれちまったの?全部許しちゃったの?
恋が死んだら何すればいいの?
着の身着のままで乗ったモノレール
灯点し頃の都会(マチ)に雨 逃飛行にはお似合いよ
忙しそうな人の群れ どうせ私だけが目的(アテ)の無い旅人
天空橋はすれ違い橋 幻(マホロ)橋
これであなたを忘れられるでしょうか

私一人がここから消えても
仕事だって友だちだって誰も困りゃしない
それは少しは心配ぐらいして
欲しいと思うのは身勝手なんでしょう
想い出包む こぬか雨 あなたの匂い流してよ
いい夢ばかり投影(ウツ)す窓 駅のホーム降りて戻れと恋が呼ぶ
天空橋は立ち停まり橋 迷い橋
こんな気持ちで飛び発てるでしょうか

(C) 2004 NANICOLLE CHIKUONKI by Zureyama's Record., All rights reserved.

↓↓↓地獄から極楽↑↑↑

その昔、埼玉の浦和に住んでいた時の話…。(注意:お食事中は、読まないでネ!)
浦和には七つの駅がある♪と歌われていたように、当時、あたしは、最寄り駅がJR埼京線の中浦和だったんですね…。勤務先が恵比寿で、連日の激務に終電ギリギリまで残業していたものです。埼京線の終電が、深夜12時前と早めだったもので、山手線で田端まで行き京浜東北線で浦和駅まで行って、そこから20〜30分かけて徒歩で帰宅していました。そのうち、更に遅くまで残業できる池袋からの深夜バスの存在を知り、やはり、バスで浦和駅まで行ってそこから歩いて帰ったものでした。
浦和駅から中浦和駅方面へは、軽い上り坂が続き、その道をエンヤコラサッサ歩いていると、毎回のように便意をもよおした事を覚えています。陣痛のように、モレそうになって我慢していると、そのうちスーっと痛みが引いて行き、何度もお腹の痛みを繰り返しているうちに、我慢が限界近くに達するんです。途中に公園があって、公衆トイレがあるものの、その公園から自宅までは、あと3〜4分の距離、もう少し我慢するか、ここで用をするか、最終選択ポイントだったんですね。ここまで来たら、家まで我慢…、と決めたら、そこから地獄でした。痛みが引いているうちに早歩きして、お腹が痛くなったら立ち止まり、全身から脂汗が吹き出して、ようやく家にたどり着いても、エレベーターに乗っている時間も大変だし、家の鍵を開けるのに焦りまくって死にそうになるし、土足のままトイレに駆け込んだこともありました。我慢を解放した瞬間の幸福感と言ったら、極楽浄土以上のものがあったと思います。
先日、ある会社社長とお食事をした帰り、住宅街の軽い上り坂を歩いていたら、同じような陣痛に襲われて、広い道に出た途中のガソリンスタンドに駆け込んで地獄と極楽を味わいました。もう、家まで我慢できる括約筋が衰えていたので、そうそう長く我慢できないと判断しての事です…。パチンコ屋さんやGSやコンビニ等、トイレを借りやすいポイントを日頃チェックしておくといいですよネ!!
汚い話でごめんさない…。

来年こそは…!


自分へのご褒美に、海外旅行をプレゼントしていたものだけど、去年〜今年は、オアズケ・・・。
ちょっと、悲しいけど、それだけの成果を出せていないから、仕方ないか・・・。
あたしの海外への処女渡航は、1991年、タイのバンコクで、当時、勤めていた会社の研修旅行でした。
今まで、行った地域は、ニューヨーク、LA、ハワイオアフ島、香港、シンガポール、クアラルンプール、ペナン島、ランカウイ島、バリ島、バンコク、パタヤ、プーケット島、クラビ、ホーチミン、ソウル…。割と、定番の国ばかりです。一人旅が多く、都市とリゾートを組み合せて出かけるようにしています。貧乏性なのか、街遊びと癒しの両方を楽しみたいんですネ…。
昔の写真を引っぱり出して、ちょっと懐かしんでいましたが、また、海外旅行に行きたくなり、一生懸命、働こうというモチベーションが上がってきました。
よーし、次は、どこの国を目標にしようかしら…?

ナニコレ・チクオンキ…の話


テレ朝で「ナニコレ珍百景」という番組が放送されていますが、このタイトルを複雑な気持ちで見ている人がいます。
それは、あたしダヨ!
あたしだけじゃなく、少なくとももう1人、いや、数百名は、いるんじゃないかしら…?って、思うんだけど、どうかしら…。
かれこれ8年前、ミレニアム2000年が終わり、21世紀が始まった2001年1月、あたしと、もう1人の2名で、「ナニコレ・チクオンキ」と名付けたインディーズ・レーベルを立ち上げました。なんとかレコードとか、なんとかミュージックとか、外来語を使いたくなかったあたしたちは、唯一の日本語レコード会社であったテイチク(帝国蓄音機)に習って、この名前にしたのでした。「ナニコレ」にしたのは、あたしたちが作り出した音楽を聞いた時に「何これ?」って言って欲しかったからです。とにかく、歌詞もメロディーも「変な歌」をコンセプトに数十曲作ってきました。そのレーベルが、いつかまた脚光を…と言わないまでも、マニアックな存在として語り継がれる事を望んでいます。
ご興味を持たれたら、ロゴをクリックしてみて下さい…。失禁するわヨ…。

鱈汁が食べたい!


年も押し迫ってまいりました。
青森県にあるあたしの実家で年越しと言えば、真鱈を1匹買ってきて、鱈汁でいただくのが風習でした。
白子などの内臓を「ごだまぐ」と言って、切り身と一緒に塩ベースの鍋でいただく鱈の「じゃっぱ汁」です。
両親も高齢になり作らなくなったことや、あたしが冬に帰省しないことなどもあり、もう何年も食べてません。やはり、故郷の味が懐かしく、自分で作れるようになりたいわ…、って思ってます。母から教えてもらわなくちゃだわ。
あたしの場合、結婚しないから、せめてあたしが、母の料理を受け継がなきゃ、食べたい時に作ってくれる人がいなくなるものネ…。
そのための第一歩は、とっても高いハードルです。なんつっても、タラを1匹まるごとさばけるのかしら?

最近、故郷の味が懐かしく、季節行事がある度に思い出します。

父帰ル

この前、生誕120年を迎えた文豪、菊池寛のドキュメンタリーをテレビで見たのですが、そう言えば、あたし、中学1年生の時に文化祭の演劇で「父帰る」の主役「黒田賢一郎」を演じたことがあるんだわ…、って思い出しました。
その年は、2つ年上で3年生の兄が、やはり演劇「勧進帳」の主役である「弁慶」に抜てきされていて、兄弟主役対決だったんです。親にしてみれば、誉れだったと思いますが、劇の評価では、あたしの負けでした。なにしろ、あたしは、台詞を覚えるのが苦手で、小道具の新聞に台本を貼付けていたにもかかわらず、しどろもどろで超棒読みでした。第一、変声期前の声色で、「おたあさん、おたねはどこへいったの?」なんて、長男役もあったもんじゃないわネ…。
一方、兄の方は、結構な迫力で「そうれつらつらおもんみればしゃかにょらい・・・」とかなんとか、スラスラ言えなければ意味を成さない長台詞のシーンを見事にクリアしていたし、観客のお母さん連中が涙していたし、練習をしっかり積み重ねてきた結果が出ていました。
あたしは、練習日が10日しかなかったことを言い訳にし、家で自主トレもしなかったもんだから、すべてにおいて惨敗するのは、あたりまえでした。今でも、最初の台詞「おたあさん、おたねはどこへいったの?」の台詞と悔しさだけが残っています。
今でも台詞覚えが悪く、一度に2行以上は、頭に入らないのは、この時のトラウマのせいでしょうか?

成人指定

成人と言えば、なんとなく淫眉なひびきに聞こえるのは、あたしだけでしょうか…?

今年は、平成生まれの子たちが成人の仲間入りをするんですネ。平成と掲げられたあの書も20年の時を経たということなんですネ…。なんだか歴史を感じます。
昭和64年から平成元年に変わったあの1月は、何をしてたかしら?あたしが覚えているのは、昭和天皇が御崩御されて、テレビ番組全チャンネルが特別番組ばかりになったため、史上空前のレンタルビデオ景気が起こったことです。貸すものが無くなったショップもあるとかで、ものすごい騒ぎだった記憶が残っています。
その後のバブル景気の恩恵を受け、当時在籍していた会社であれよあれよと出世したため、仕事中心の生活になり、今迄の人生の中で音楽から最も離れていた時代でもありました。

成人になったみなさん、大人になると、時間のスピードがグググ〜ンと加速するので、あっと言う間に三十才、四十才、五十才になりますよ…。ご注意あれ…。

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
【ブログ移転情報】
☆2011年1月1日

☆公式ブログをアメブロに移転しました!

http://ameblo.jp/zureyama-zureko/

☆ブックマークの変更をお願いします

【ライブステージ情報】

☆12月29日[水]☆立木久美子〜忘年会ライブに出演!

ふらっとんTIMES(水道橋)

☆Open 19:00 /1st 19:30〜 /2nd 21:30〜

☆Music Charge ¥1,500 + Order


☆12月30日[木]

☆GACCHO 大忘年会に出演!

☆SUGUYA presents GROOVY STREET DANCE VOX

☆会場:六本木morph_tokyoo

☆夜の部:OPEN21:30/START22:00〜

☆料金、ご予約:SUGUYA BLOG


☆1月28日[金]

☆ずれやまズレ子&道連れ〜ズライブ

☆KURAWOOD(東京/浅草)

☆詳細未定


☆2月05日[土]

☆アフターディナーショーin箱根

☆ホテル箱根パウエル(箱根仙石原)

☆詳細未定


☆2月14日[月]

☆HDR a.k.a 日出郎レコ発ナイト!

☆morph-TOKYO(六本木)

☆詳細未定

【オンエアー情報】

☆ 新年1月5日21:30頃〜

☆ニコニコ動画生放送に花中登場!

http://www.nicovideo.jp/ ※視聴にはアカウント登録が必要ヨ!


☆MUSIC ON TV 「5リオシ!」ネット配信中!…ズレ子も出演したCS番組がネットで見れるワヨ!

☆SPYAIRオフィシャルサイト

http://www.spyair.net/
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
花中時代
花中時代 (JUGEMレビュー »)
花中
淳子=日出郎、百恵=坂本ちゃん、昌子=ズレ子の三人娘ユニット
花の中年トリオ「花中」のデビューMAXIシングル発売中!
recommend
桜陽和(サクラビヨリ)
桜陽和(サクラビヨリ) (JUGEMレビュー »)
ずれやまズレ子
ずれやまズレ子&道連れ〜ズによる
MAXIシングル第2弾!
recommend
マリモに触れたら阿寒湖
マリモに触れたら阿寒湖 (JUGEMレビュー »)
ずれやまス゛レ子
ずれやまズレ子のデビューMAXIシングル、全5曲収録で好評発売中!!
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM