ズレ子が体験した怖ぁ〜い話…第一夜


あれは、あたしが競馬に魅せられていた1990年の8月11日…、青森へ帰省する前に函館競馬場に寄り道するため、函館市内のプチホテルに一泊した時のお話です。
競馬は、収支が若干の赤字だったけど、五稜郭近くでフラ〜っと入ったラーメン屋さんが、あたしが一番大好きな味だったので、ご機嫌が戻った事をはっきり覚えています。あちこち歩き回って汗かいて疲れた体を、お風呂上がりのまま全裸でベッドに横になると、そのまま眠ってしまいました。
どの位眠ったでしょうか…、コンコン、とドアを叩く音がしました。あれ?もうチェックアウトの時間かしら?と思っていながら、体を起こせずにいると、ガチャガチャとドアを開けて、誰かが入ってきました。お掃除のオバちゃんでした。
あたしは、寝ぼけた体を起こせずにいて、真っ裸で、ふとんもかけずに横たわったままだったので、必至に股間を両手で隠し、「すみません、まだ、準備ができていないので、もう少し後にして下さい。」と言うと、そのままお掃除係りのオバちゃんは、何も言わずに部屋から出て行きました。
ようやく、体が起きて、つけっぱなしのテレビを見ると、どうやら、まだ朝じゃない雰囲気…。時計を見ると12時を少し過ぎた時刻。あれ?まだ夜中じゃん…。変な夢を見たもんだ、と思いながら、テレビを消して、ちゃんとベッドに入って眠り直しました。


翌朝、どうしても昨夜の事が気になって、フゥーっと頭の中に伝わってきた、オバちゃんの生活背景のイメージを、チェックアウトの時に、カウンターのお姉さんに聞いてみました。
「このホテルでお掃除の担当をされていた中年の女性で、まだ小さな男の子と女の子の二人のお子さんを残して亡くなった方いらっしゃいませんでしたか?」
するとカウンターのお姉さんが、
「ご親戚の方ですか?」と答えてきました。
そこで、昨夜あった一部始終を話し、「お子さんを育てるために、働かなくちゃ…、っていう強い思いで、時々、このようにお掃除に回っているようですので、もう、働かなくてもお子さんは大丈夫と伝えてあげて下さい。」
とホテルの方に伝えました。同じような出来事が、過去にもあったらしく、その理由が分かってホテルの方たちもホッとしていました。怖いと言うより、悲しいお話でした。

ズレ子が体験した怖ぁ〜い話…第二夜

お盆時期の海は、事故が多い…。これは、あたしが守護霊の存在を確信することになった、あるお盆休みの体験です…。

何年前だろ?
そうあれは、1988年、転職に再起をかけていた年の夏、同期入社の仲間4人で、伊豆白浜海岸で1泊3日のサマーバケーションを過ごしました。
ポカリスエットのCFでブレイク中だったMRちゃんのいとこの西やん、バイク好きの大ちゃん、写真嫌いのナベ、そしてあたしを含めて男4人でワゴン車を借り、東京を出発したのが、8月11日の深夜でした。翌12日の早朝に伊豆白浜に到着して、車中で一眠りした後、午前中から海に出て遊んでいました。
ボーっと海を眺めていると、ブイの手前あたりから白い人影が空へ昇っていくのが見えて…、
「誰か溺れたんじゃない…?昨日も同じ事故があったはず…、そんな気がする。」
そんな、霊感で感じた事を言っていると、海岸から海を見て左方向の神社前辺りに救急車がやってきた。どうやら流れ着いたらしい…。
夕方、民宿にチェックインして、今日の事故のことを聞いてみたら、
「二日連続だでねぇ、お客さんたちも気をつけなんせぇ。」
って言われました。
「やっぱり…。 」
それでもその夜は、花火だナンパだ、日灼けが痛くて眠れないだと、大騒ぎのうちに暮れていったのです。

翌日13日もいいお天気。昨日の水難事故のことも忘れて、海を満喫していました。遠浅の砂浜の途中に若干深みがあって、その先がまた浅くなっていて、その先の波が立つポイントで遊んでいました。 この頃のあたしは、まったく泳げないカナヅチでした。
そろそろ陸に戻ろうとした時、途中の深みは、来た時よりずーっと深くなっていました。波が引いた時にギリギリつま先がつく程度まで潮が満ちてきていたのです。
「やばいかも…。」
他の3人は、やすやすとその深みを越えてあたしを待っていました。少しずつ離れていく3人に向って…、
「ちょっと、待ってよ!」
と叫んでも、更に離れて行きます。実は、あたしが沖へ流されていたのでしだ。地図の矢印の方向に早い潮の流れがあって、砂底に窪みを作っていたのでしょう…。あたしの泳力では、どうしてもこの流れを越えることができません。
「そうだ、息を止めて潜って歩こう!」
つま先に力を込めても、潮流が強過ぎて、その場にとどまるのが精一杯でした。
「どうしよ?戻れない…。3連続くらいで波がくれば、あたしの犬カキでも進むかもしれない。」
でもここより沖の方で、波が砕けてしまって、ここまでは波が届きません。
と、その時、あたしの願いが届いて、大きな波がやってくるのが見えました。
「しめた!この波に乗ったら戻れる。」
一生懸命カエル泳ぎで波に押され、陸方向に進んでいる気がしました。
「連続で来い!」
また、願いは届いて、都合3回の波が体を押してくれました。それなりに進んだけど、あたしは、まだ深みの途中にいてジタバタしていました。
「げげっ、足が付かない…。」
離れて行く友達の向こうで、監視員がソワソワ動き出している模様…。
「あたし、溺れてないし…。」
でも、あたしの方を指さしているのが見えました。
「守護霊様、あと3回、波を下さい!」
そう祈ると、またまた本当に立続けに3回大波が来て、あたしを陸へ押し流してくれました。やっと足が着く場所にたどり着けたのです。先に行ったと思っていた友達は、ずっと同じ場所で待っててくれて、監視員たちは、元の位置に戻っていきました。
「あたしが3日連続3人目の土左衛門になるとこだった?」
などと不謹慎な冗談を言いながらも、それ以後は、浅瀬で水遊びをするにとどめていました。
午後3時を過ぎて、そろそろ帰り支度を始めた頃、またあの神社の方に救急車が来ていました。3日連続で水難事故は、起こっていたのでした…。

ズレ子が体験した怖ぁ〜い話…第三夜


あたしがまだ青森県むつ市の実家にいた高校1年生の頃の話…。
とある夕食時に、2学年上の兄が、学校帰りの途中、
「消防署裏の川沿いで、白鳥の死体があがっていて、とってもかわいそうだった。」
と話していました。あたしの故郷は、白鳥の渡来地で、毎冬、数多くの白鳥が越冬します。その季節には、まだ少し早かった気もしますが、こんな事もあるか…、と気にも止めずにおりました。
8畳の部屋を兄と二人で使っていて、この日の夜も、いつも通り、あたしが最後に眠りにつきました。深夜、丑三つ時、悪夢にうなされ、びっしょりと汗をかいて目が覚めました。その時、兄の枕元に、見知らぬお婆さんが、ぬぅーっと立っている姿を、ハッキリと見たのです。直感的に、兄を連れて行こうとしていると感じ、自分自身を冷静に保つように、恐怖心と闘っていました。こんな時は、とっさに声が出ないもの…。
「うっ、うん…。」と軽くせき払いをし、声が出る事を確認。その後は、小さい声で
「ぁっ…、うぁっ…、ああ…。」と発声練習をすると、いきなり恐怖心が溢れ出て、
「ぐぅわぁああああああああああー!!!!!」
っと大絶叫。悲鳴を聞き付けた家族全員が、何ごとか、泥棒でも入ったかと、集まってきましたが、
「ちょっと、怖い夢を見た。」
とだけ言って、その場は、解散しました。

翌日の朝食時、深夜に見たのは、
「実は、お婆さんだった」
「死んだ人を見て、かわいそう、って思うと憑いてくる。って言うよね…。」
と、そんな言い伝えを思い出して話していると、新聞を見ていた姉が、
「昨日、おめ(あなた、ここでは兄のこと)が見た白鳥って、消防署裏だよね…。消防署裏で上がった死体は、下流の橋から身を投げたお婆さんだってよ。」
と言うんです。
新聞に載っていた写真は、兄の枕元に立っていたお婆さん、そのものでした。

ズレ子が体験した怖ぁ〜い話…第四夜

あたしが、埼玉に住んでいたあの頃…。6年住んでいた間、一度だけ、とっても怖い体験をしました。
新築で入居してからその日までは、いつも幸せな睡眠時間を送ることができていましたが、その日だけは、少し、怖い夢を見ていました。いわゆるドロケイ…、泥棒を警察が追いかけている内容の夢を見ていました。
泥棒が、あたしの住むマンションに逃げ込み、あたしが寝ているベッドの周りをグルグル回るように逃げているのを、警察官が追いかけてきて同じようにグルグルとベッドの周囲を回るのです。そのうち泥棒も警官も足を止めて、あたしの顔を覗き込んできたのです。ビックリして、意識がハッキリしました。自分では、起きたつもりだったのですが、正確には、目覚めていません…。
それでも、体が動き、起きている感覚がありました。手で指で、自分の顔を触ってみると、目が開いていません。瞼が閉じたままなのを指先で確認しました。でも、しっかり周囲が見えるのです。夜が明け始めて、うっすらとカーテン越しにも明るくなってきていて、ベッドの横に置いてある目覚まし時計を、手で取り上げて見てみると、4時30分ちょうどでした。目をつぶっている状態なのに、部屋中の何もかもが見えるんです。これが、世に言う「心眼」か?武芸の達人がめつぶしにあっても、心の目で敵の動きを見切る、あの心眼か?そんな事を考えていました。
目覚まし時計を元の場所に置くと、泥棒も警察もいなくなり、ようやく我に帰るように、本当に目が覚めました。本当の意味で、目が開きました。すぐ、目覚まし時計を見直すと、やはりデジタル時計は、04:30と表示していました。
さっき目を閉じたまま見た部屋の様子は、本当だったんだ…。ならば、あの泥棒と警察は、本当だったのか?ただの夢だったのか?消化不良みたいな疑問だけが残りました…。

ズレ子が体験した怖ぁ〜い話…第五夜

今から15年程前、埼玉県のとある町に住み慣れてすっかり地元化していた頃、いい気になって、馴染みのスポーツクラブで霊感をひけらかしていました。インストラターのお兄さんや、スイミング仲間や、学生さんからご年輩のお母さんまで、前世やら運気やらを視てあげていました。
ただ、その中に一人だけ、決して障っては、いけない人がいたのです。
それは、ある若い女性会員A子さんでした…。とても可愛いらしくて守ってあげたくなるタイプのオシャレな女の子でした。けっこう周囲の男性がチヤホヤしていて、色んな男性会員から声をかけられているようで、いつも違う男と帰って行く姿を度々目撃していました。
ある日、そのA子さんが、視てもらいたいと言ってきたのですが、彼女の「気」を視た時、九尾の狐と言う伝説がありますが、三本位に割れた尻尾を持つお狐様を背負っていたのです。それで、色んな男からエネルギーを吸収するように、操られているように、感じたんです。事実、彼女の行動を透視したところ、夜中に無性にお腹が空いて、冷蔵庫の前で貪り喰っている姿が見えました。おそらく、その時は、本人に記憶が無いはず…。その事を、A子さんに話すと、朝、起きると、自分のベッドにお菓子を食べたゴミが散乱していることがあるけど、食べた記憶が無いの…。と言っていました。あたしの透視は、ドンピシャリでした。
くっ憑いている三尾の妖狐について、あたしがどうこうできる力が無いので、障らぬ神に祟り無しとのことわざ通り、彼女には、食欲のコントロールと、男性関係が派手になりがちなので、気をつけなさい!とだけ告げました。多分、無理だけど…。
スポーツクラブで仲の良かった友達も、そのA子さんが好きだって相談されていました。それで、彼にだけ、この事を話して、告白するのは、やめるように促しました。その日、A子さんが付き合っていると噂されている男とは、別の男性会員の車に乗り込む姿を見かけました。一緒にいた友達もその姿を目撃して、諦めたようです。

動物霊が実存するかどうかは、わかりませんが、動物霊にとり憑かれていると言われるような事があったら、食事を三度三度、決まった時間に摂ると良いでしょう。動物は、定期的な食事をしません。ある時期にまとめて食べたり、ずーっと食べなかったり、不規則な生活と食事をしています。ダイエットや不規則な生活をしている人は、感情のコントロールが出来なくなったり、本能がムキ出しになったりして、いわゆる動物霊にとり憑かれている状況と同じような状態になりやすいと考えられます。
規則正しい食生活は、人間独自の行動なので、生活リズムを整えて行けば、おかしな行動や言動が消えていくことでしょう…。
みなさんもお気をつけ下さいネ…。

ズレ子が体験した怖ぁ〜い話…第六夜

あれは、小学5年の3学期終わり頃だったでしょうか…?
雪解けの舗道の雪の段差のから転んで、車道にスライディングしたみたいになった時の事です。
通りがかった自動車のタイヤの前輪が過ぎて、あたしが転び、足が前輪と後輪の間に入り、車が旧ブレーキをかけ、タイヤがロックしました。雪が解けて、ツルツルの氷状になった道路に水がたまっていてビチャビチャ…。このままじゃ、後輪があたしの足首にのっかって、複雑骨折だろうな…。たまたま前日のニュースで聞いて『複雑骨折』と言う言葉を覚えたばかりでした。車がのっかったらどのくらい重いのかな?どのくらい痛いのかな?痛過ぎて、神経が感じなくなるのかな?そんな事を冷静に考えていました。転ぶ自分がスローモーションに感じていました。
車は、スリップする事無く停まりました。軽く後輪があたしの足に触れていました。運転手は、駅員さんでした。「大丈夫?」と聞かれると、なんとなく転んだ恥ずかしさの方が勝っていて、大丈夫を小さい声で言って、逃げ帰りました。
あんな雪解けの滑りやすい状況で、車がそんなにスピードを出していなかったとはいえ、ピタっと停車するなんて、後から考えるほどに不思議でしょうがありません…。何かに守られていると感じた出来事でした。

ズレ子が体験した怖ぁ〜い話…第七夜

物心がついた頃から、人に見えないモノを見ていました。
寝る前に、姉兄弟そろって家のすぐ外の畑でオシッコをする大らかな習慣があった頃、「いったんもめん」のような白くてヒラヒラ飛ぶものを見ては、「あれ何?白いの…?」って姉に聞いても「白鳥じゃないの?」と片付けられていました。夏にも見てたから、夏に白鳥はないんじゃないの?
また、月に一度の外食は、お寺とお寺の間の林の小道を抜けていくのが、お決まりコース。右手のお寺では、下宿を営んでいたように記憶していて、玄関先でライターでタバコに火をつけている人を見た。ライターの灯りで、つま先から頭のてっぺんまで、ステンドグラスみたいにカラフルなモザイク模様に浮かび上がる男性を指差して、「あの人、きれいだよ.」と言って指差しても、母親は、「どこにそったら人いるのさ?」と聞き返してくるのみ…。見えて無いの?
またまた、小学1年か2年生の頃、あたしが学校から帰ると、既に姉と兄が帰宅していて、あれ、さっきあたしたちが帰って来た時、家に入って行くあんたを見たヨ。と言っていた。兄も一緒に見たと言う。
でもあたしは、二人より遅れて帰ってきたのは、まぎれも無い事実…。これが、ドッペルゲンガーって事?

↓↓↓写真は中学生のあたし↓↓↓
中学生になってからも、不思議な話には、事欠きません。
小高い山の上に立つ中学校からの帰り道、ふもとに広がる田んぼをはさんで向こう側の山のすそに沿って、等間隔に灯りがついているのが見えました。お祭りの提灯でも道沿いに飾られているのかしら?くらいにしか思っていなかったけど、よくよく考えてみたら、そこには、道路が通っていないのです。狐の嫁入りと言われる等間隔に並ぶ狐火を、大勢で目撃していたのでした…。
それからもう一つ、学校の廊下を二人で歩いていて、左に曲って階段を降りるつもりでした。何か不平不満を言い合っていて、勢い良く二人並んで左に曲ったのは、いいけれど、そこは、階段では無く、ただの壁で、二人一緒に壁に激突したのでした…。狐に化かされた感じって、こんな感じなんでしょうネ…。

開く扉

世の中で、恐い話と言えば「開かずの扉」ですが、都内某所のとある事務所の何の変哲も無い一室。
ドアを閉めて帰っても、翌日になると、ちょこっとだけ開いてるんです。
みんなでドアを閉めた事を確認し、動画と写真を撮ってきました。
さてさて、次回は、月曜におじゃまするのですが、どうなっていることでしょう?

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
【ブログ移転情報】
☆2011年1月1日

☆公式ブログをアメブロに移転しました!

http://ameblo.jp/zureyama-zureko/

☆ブックマークの変更をお願いします

【ライブステージ情報】

☆12月29日[水]☆立木久美子〜忘年会ライブに出演!

ふらっとんTIMES(水道橋)

☆Open 19:00 /1st 19:30〜 /2nd 21:30〜

☆Music Charge ¥1,500 + Order


☆12月30日[木]

☆GACCHO 大忘年会に出演!

☆SUGUYA presents GROOVY STREET DANCE VOX

☆会場:六本木morph_tokyoo

☆夜の部:OPEN21:30/START22:00〜

☆料金、ご予約:SUGUYA BLOG


☆1月28日[金]

☆ずれやまズレ子&道連れ〜ズライブ

☆KURAWOOD(東京/浅草)

☆詳細未定


☆2月05日[土]

☆アフターディナーショーin箱根

☆ホテル箱根パウエル(箱根仙石原)

☆詳細未定


☆2月14日[月]

☆HDR a.k.a 日出郎レコ発ナイト!

☆morph-TOKYO(六本木)

☆詳細未定

【オンエアー情報】

☆ 新年1月5日21:30頃〜

☆ニコニコ動画生放送に花中登場!

http://www.nicovideo.jp/ ※視聴にはアカウント登録が必要ヨ!


☆MUSIC ON TV 「5リオシ!」ネット配信中!…ズレ子も出演したCS番組がネットで見れるワヨ!

☆SPYAIRオフィシャルサイト

http://www.spyair.net/
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
花中時代
花中時代 (JUGEMレビュー »)
花中
淳子=日出郎、百恵=坂本ちゃん、昌子=ズレ子の三人娘ユニット
花の中年トリオ「花中」のデビューMAXIシングル発売中!
recommend
桜陽和(サクラビヨリ)
桜陽和(サクラビヨリ) (JUGEMレビュー »)
ずれやまズレ子
ずれやまズレ子&道連れ〜ズによる
MAXIシングル第2弾!
recommend
マリモに触れたら阿寒湖
マリモに触れたら阿寒湖 (JUGEMレビュー »)
ずれやまス゛レ子
ずれやまズレ子のデビューMAXIシングル、全5曲収録で好評発売中!!
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM